電子部品実装のノウハウや業界の最新動向を、出展者が解説します。

開催セミナー詳細

セミナー会場:東京ビッグサイト 会議棟 7階 703会議室

10:30~11:30
武蔵エンジニアリング

実装 ・ アセンブリに貢献するMUSASHIのディスペンス技術

    1. 講 師:  武蔵エンジニアリング㈱ マーケティング戦略本部 統括課長 大岡 正典氏
    2. 日 時:  6月15日(水) 10時30分 ~ 11時30分
    3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
    4. 申 込:  聴講を希望される方は、直接会場までお越しください。
    5. 参加費:  無料

小型 ・ 高密度実装が進む中、 高機能材料を必要な場所に必要量を塗布することができるディスペンサーの需要は、 ますます高まりを見せています。 ソルダーペーストやアンダーフィル、 防湿ポッティング、 基板コーティング、 実装部品の固定材の塗布など、 実装に関わるものや、 モジュールのアセンブリに関する様々な塗布アプリケーションに対する武蔵エンジニアリングの最新塗布ソリューションをご紹介いたします。

12:00~13:00
ヤマハ発動機

実務で役立つクリームはんだ印刷技術2022

  1. 講 師: ヤマハ発動機㈱ ロボティクス事業部 営業統括部 SMT国内営業部 SPグループ グループリーダー                        川井 建三氏
  2. 日 時:  6月15日(水) 12時00分 ~ 13時00分
  3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  4. 申 込:  ヤマハ発動機 SMT機器販売代理店・特約店までお問い合わせください。
  5.                   なお、一般聴講は受けておりませんので、あらかじめご了承ください。
  6.                   また、当日会場でのお申込みはできませんのでご了承ください。

SMTプロセスで最も重要と言われるクリームはんだ印刷工程において、 実証データをベースとした現場実務で役立つ情報をご提供します。 本年は以下の3つのテーマを紹介いたします。
1.基板レジスト厚み違いによる印刷性への影響評価
2.メタルマスクテンション管理値の抽出評価
3.極小部品と大型部品混載の為のハーフエッチングマスク仕様(段差、距離)限界値見極め評価

一般聴講は受け付けておりません
13:30~14:30
FUJI

5Gがもたらす実装課題に対応するモノづくり最前線

  1. 講 師:  ㈱ FUJI 営業技術部 第2営業技術課 課長 武野 祐丸氏
  2. 日 時:  6月15日(水) 13時30分 ~ 14時30分
  3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  4. 申 込:  一般聴講は受けておりませんので、あらかじめご了承ください。
一般聴講は受け付けておりません
15:00~16:00
パナソニック コネクト

進化する知能で実現する Autonomous Factory

  1. 講 師:  パナソニック コネクト㈱ プロセスオートメーション事業部 回路形成プロセス事業担当
  2.       回路形成プロセス開発総括部 システムソリューション開発部 開発4課 課長
  3.                   馬渡 道明氏
  4. 日 時:  6月15日(水) 15時00分 ~ 16時00分
  5. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  6. 申 込:  事前のお申込みが必要です [6月12日(日)まで]。
  7.       お申込みは こちらの専用ページからお願いします
  8.                   なお、誠に勝手ながら、同業他社様には参加をご遠慮いただいておりますことをご容赦ください。

昨今の製造業は、 調達課題、 需要変動、 環境対応などの多様な変化にさらされており、 日々厳しくなるQCD改善にも対応スピードのアップ要求が高まっています。 また、 新規価値創出に向けて微細化 ・ 高精細化 ・ 高密度化など製造技術の革新も期待されています。 このような中、 工場の稼働を最大化すべく様々な判断と作業を現場の皆様の努力で対応しているのが現実ではないでしょうか。
生産現場の変動要素である5MすなわちhuMan (人)、 Machine (機械)、 Material (材料)、 Method (方法)、 Measurement (測定)をリアルタイムで監視し自律的に制御、 適切にマネジメントすることで、 変化・要求・期待に即応しながら、 継続的に進化可能な 「Autonomous Factory」 の実現を目指します。
当セミナーでは従来、 基板実装工程において人間の匠の技で行ってきた微妙なチューニングやレシピ管理を知能化する新機能APC-5Mを中心に 「Autonomous Factory」 についてご紹介します。

一般聴講は受け付けておりません
詳しくはこちら
10:30~11:30
パナソニック コネクト

進化する知能で実現する Autonomous Factory

  1. 講 師:  パナソニック コネクト㈱ プロセスオートメーション事業部 回路形成プロセス事業担当
  2.                   回路形成プロセス開発総括部 システムソリューション開発部 開発4課 課長
  3.                   馬渡 道明氏
  4. 日 時:  6月16日(木) 10時30分 ~ 11時30分
  5. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  6. 申 込:  事前のお申込みが必要です [6月12日(日)まで]。
  7.       お申込みは こちらの専用ページからお願いします
  8.                   なお、誠に勝手ながら、同業他社様には参加をご遠慮いただいておりますことをご容赦ください。

昨今の製造業は、 調達課題、 需要変動、 環境対応などの多様な変化にさらされており、 日々厳しくなるQCD改善にも対応スピードのアップ要求が高まっています。 また、 新規価値創出に向けて微細化 ・ 高精細化 ・ 高密度化など製造技術の革新も期待されています。 このような中、 工場の稼働を最大化すべく様々な判断と作業を現場の皆様の努力で対応しているのが現実ではないでしょうか。
生産現場の変動要素である5MすなわちhuMan (人)、 Machine (機械)、 Material (材料)、 Method (方法)、 Measurement (測定)をリアルタイムで監視し自律的に制御、 適切にマネジメントすることで、 変化・要求・期待に即応しながら、 継続的に進化可能な 「Autonomous Factory」 の実現を目指します。
当セミナーでは従来、 基板実装工程において人間の匠の技で行ってきた微妙なチューニングやレシピ管理を知能化する新機能APC-5Mを中心に 「Autonomous Factory」 についてご紹介します。

一般聴講は受け付けておりません
詳しくはこちら
12:00~13:00
ヤマハ発動機

実務で役立つクリームはんだ印刷技術2022

  1. 講 師: ヤマハ発動機㈱ ロボティクス事業部 営業統括部 SMT国内営業部 SPグループ グループリーダー              川井 建三氏
  2. 日 時:  6月16日(木) 12時00分 ~ 13時00分
  3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  4. 申 込:  ヤマハ発動機 SMT機器販売代理店・特約店までお問い合わせください。
  5.                   なお、一般聴講は受けておりませんので、あらかじめご了承ください。
  6.                   また、当日会場でのお申込みはできませんのでご了承ください。

SMTプロセスで最も重要と言われるクリームはんだ印刷工程において、 実証データをベースとした現場実務で役立つ情報をご提供します。 本年は以下の3つのテーマを紹介いたします。
1.基板レジスト厚み違いによる印刷性への影響評価
2.メタルマスクテンション管理値の抽出評価
3.極小部品と大型部品混載の為のハーフエッチングマスク仕様(段差、距離)限界値見極め評価

一般聴講は受け付けておりません
13:30~14:30
JUKI

前後工程の自動化による効率化と最新SMTソリューションのご提案

  1. 講 師:  JUKIオートメーションシステムズ㈱ 営業センター 営業推進部 コーポレートオフィサー                        片岡 栄富司氏
  2. 日 時:  6月16日(木) 13時30分 ~ 14時30分
  3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  4. 申 込:  一般聴講は受けておりませんので、あらかじめご了承ください。
一般聴講は受け付けておりません
15:00~16:00
FUJI

FSF2.0 進化するスマートファクトリー

  1. 講 師:  ㈱ FUJI 第一ソフト技術部 部長 加藤 大輔氏
  2. 日 時:  6月16日(木) 15時00分 ~ 16時00分
  3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  4. 申 込:  一般聴講は受けておりませんので、あらかじめご了承ください。
一般聴講は受け付けておりません
10:30~11:30
FUJI

SMT後工程の自動化

  1. 講 師:  ㈱ FUJI 第四営業部 第2営業課 課長 石川 信幸氏
  2. 日 時:  6月17日(金) 10時30分 ~ 11時30分
  3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  4. 申 込:  一般聴講は受けておりませんので、あらかじめご了承ください。
一般聴講は受け付けておりません
12:00~13:00
ヤマハ発動機

実務で役立つクリームはんだ印刷技術2022

  1. 講 師: ヤマハ発動機㈱ ロボティクス事業部 営業統括部 SMT国内営業部 SPグループ グループリーダー                        川井 建三氏
  2. 日 時:  6月15日(水) 12時00分 ~ 13時00分
  3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  4. 申 込:  ヤマハ発動機 SMT機器販売代理店・特約店までお問い合わせください。
  5.                   なお、一般聴講は受けておりませんので、あらかじめご了承ください。
  6.                   また、当日会場でのお申込みはできませんのでご了承ください。

SMTプロセスで最も重要と言われるクリームはんだ印刷工程において、 実証データをベースとした現場実務で役立つ情報をご提供します。 本年は以下の3つのテーマを紹介いたします。
1.基板レジスト厚み違いによる印刷性への影響評価
2.メタルマスクテンション管理値の抽出評価
3.極小部品と大型部品混載の為のハーフエッチングマスク仕様(段差、距離)限界値見極め評価

一般聴講は受け付けておりません
13:30~14:30
パナソニック コネクト

進化する知能で実現する Autonomous Factory

  1. 講 師:  パナソニック コネクト㈱ プロセスオートメーション事業部 回路形成プロセス事業担当
  2.       回路形成プロセス開発総括部 システムソリューション開発部 開発4課 課長
  3.                   馬渡 道明氏
  4. 日 時:  6月17日(金) 13時30分 ~ 14時30分
  5. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  6. 申 込:  事前のお申込みが必要です [6月12日(日)まで]。
  7.       お申込みは こちらの専用ページからお願いします
  8.                   なお、誠に勝手ながら、同業他社様には参加をご遠慮いただいておりますことをご容赦ください。

昨今の製造業は、 調達課題、 需要変動、 環境対応などの多様な変化にさらされており、 日々厳しくなるQCD改善にも対応スピードのアップ要求が高まっています。 また、 新規価値創出に向けて微細化 ・ 高精細化 ・ 高密度化など製造技術の革新も期待されています。 このような中、 工場の稼働を最大化すべく様々な判断と作業を現場の皆様の努力で対応しているのが現実ではないでしょうか。
生産現場の変動要素である5MすなわちhuMan (人)、 Machine (機械)、 Material (材料)、 Method (方法)、 Measurement (測定)をリアルタイムで監視し自律的に制御、 適切にマネジメントすることで、 変化・要求・期待に即応しながら、 継続的に進化可能な 「Autonomous Factory」 の実現を目指します。
当セミナーでは従来、 基板実装工程において人間の匠の技で行ってきた微妙なチューニングやレシピ管理を知能化する新機能APC-5Mを中心に 「Autonomous Factory」 についてご紹介します。

一般聴講は受け付けておりません
詳しくはこちら
15:00~16:00
オムロン

~実装変動の知見から生み出される~ 最先端検査技術と品質システム

  1. 講 師:  オムロン㈱ 杉山 俊幸氏
  2. 日 時:  6月17日(金) 15時00分 ~ 16時00分
  3. 会 場:  東京ビッグサイト会議棟7階 703会議室
  4. 申 込:  聴講のお申込みが必要です。5月中旬以降にこちらからお申し込みください
  5. 参加費:  無料

講師はオムロン株式会社にて検査に30年以上携わる、検査事業の技術専門職です。 システム機器の品質評価 ・ 検査自動化等を担った後、 シート材の自動検査システムの設計 ・ 製造及び電子機器実装の検査システムのフィールド開発 ・ プロダクトマネージャーを経て、 現在は品質経営や実装検査コンサルティング業務に従事しています。